スポンサードリンク

霊岸橋(れいがんばし)

亀島川の1番の橋は霊岸橋です。

霊岸橋は、地下鉄東西線茅場町(かやばちょう)駅のすぐそばで、永大通りが通る橋。
霊岸橋の由来は、この一帯が霊岸島と呼ばれていた事から命名されています。

霊岸橋:下流川から撮影その1 霊岸橋:下流川から撮影その1

霊岸橋が架かる亀島川(霊岸川)は、現在の中央区日本橋茅場町1丁目付近で、日本橋川より分かれ永大通りを渡り、隅田川に入ります。つまり、日本橋川から南へ入る川が亀島川と名を変えて東京湾に通じます。

昔、亀島川の西側は、亀島河岸と呼ばれていて、江戸時代文久の頃には、亀島川の西岸を亀島町川岸通りと日本橋南絵図に記さ れ、明治28年日本橋区全図では亀島河岸と記されています。

現在は中央区日本橋茅場町2〜3丁目と記されて、茅場町は近代昭和8年からの町名。昭和22年に日本橋を冠称し、日本橋茅場町となりました。

関東大震災後の区画整理により南茅場町・北島町1〜2丁目・亀島町1〜2丁目を併合し、日本橋区となり、昭和22年から中央区に属し、現在の日本橋茅場町1〜3丁目に至っています。

霊岸橋の東岸(新川1〜2丁目)は、江戸湊における大型船(千石船)の停泊地として栄えていて、流通面でも樽廻船で運ばれる「下りの酒」を一手に引き受ける場で、「新川の下り酒問屋」として現在でもその面影を残しています。


霊岸橋:下流川から撮影その2 霊岸橋:下流川から撮影その2

橋の向こうに見えるのが日本橋水門です。


霊岸橋の親柱(漢字名) 霊岸橋の親柱(漢字名)

霊岸橋は霊巌橋とも書きます。
第40代アメリカ合衆国のレーガン大統領とは何も関係ありません(笑)


霊岸橋の親柱(ひらがな名) 霊岸橋の親柱(ひらがな名)

平日7時50分ごろの撮影で会社に向かう人々で混雑しています。
撮影している私は勤めている会社もここから10分と近いデス(^^)

スポンサードリンク

 サイトメニュー

 亀島川と5つの橋

 近辺施設・風景

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 東京・亀島 リバーサイド ガイド. All Rights Reserved.