スポンサードリンク

霊巖島之碑

亀島川の2番目の新亀島橋近くの越前掘児童公園内に霊巖島之碑があります。

霊巖島之碑と説明文 霊巖島之碑と説明文

現在の新川の一部はかつて霊岸島と呼ばれていて、 隅田川の中洲を埋め立てて寛永元年(1624年)霊巌雄誉上人が築造し、中ノ島、またはこんにゃく島と呼んでいたそうです。こんにゃく島と言われたのは、この一帯が埋立地でその初期の頃は地盤が柔らかくて"フニャフニャ"だった事に由来するそうです。

霊巖島之碑 霊巖島之碑

霊巖島説明文 霊巖島説明文

 当地区は、今から三百七、八十年前、江戸の城下町が
開拓される頃は、一面の沼地葭原であった。
 寛永元年(一六二四)に、雄誉霊巌上人が霊巌寺を創建
して、土地開発の第一歩を踏みだし、同十一年(一六三五)
には、寺地の南方に、越前福井の藩主松平忠昌が、二万七
千余坪におよぶ浜屋敷を拝領した。
 邸の北、西、南三面に船入堀が掘られて後に越前堀の
地名の起る原因となった。
 明暦三年(一六五七)の江戸の大火で、霊巌寺は全焼し
て深川白河町に転じ、跡地は公儀用地となって市内の町
町が、替地として集団的に移ってきた。
 明治大正年間には富島町、浜町、四日市町、塩町、大川端
町、川ロ町、長崎町、霊岸島町、銀町、東港町、新船松町、越
前堀、南新堀の十三町に分れ、多額納税者も多数居住し
て検潮観測所もあり、湾内海運の発着地、倉庫地帯とし
て下町商業の中心であった。大正の大震災により全部焦
土と化し、昭和六年七月区画整理によって、ゆかり深い
町名も新川一、二丁目・霊岸島一、二丁目・越前堀一、二、
三丁目と改称され、更に昭和四十六年住居表示制度の実
施により新川一、ニ丁目となった。江戸時代からの歴史
を象徴する懐かしい遺跡も消えつつあるのを憂慮してこの
記念碑を建立する。
 昭和五十二年三月  霊巌島保存会

スポンサードリンク

 サイトメニュー

 亀島川と5つの橋

 近辺施設・風景

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 東京・亀島 リバーサイド ガイド. All Rights Reserved.