スポンサードリンク

越前掘児童公園

新亀島橋を隅田川方面に3分から5分前後歩くと越前掘児童公園があります。

この公園は霊巖島之碑、越前掘の石、ジャブジャブ池と話題に事欠きません。

越前掘児童公園の碑 越前掘児童公園の碑

この辺りは、越前福井藩主、松平越前守の屋敷地で、屋敷の三方が入堀に囲まれていたので「越前掘」と呼ばれていたそうです。
現在でも建設工事や遺跡の調査中に越前掘と思しき石垣石が出土する事があるそうです。
明治になって越前守の屋敷地が「越前掘」という町名になったのですが、堀は次第に埋め立てられます。
大正12年(1923年)関東大震災以降大部分が埋め立てられ、わずかに残っていた隅田川に使い部分も戦後完全に埋め立てられたそうです。
その後町名が新川となり現在に至っています。
現在、「越前掘」の名はこの越前掘児童公園にみられるのみです。

石の由来の説明 石の由来の説明

石の由来
 この公園で使用した石は、昭和六十年
東京都が日本橋川右岸改修工事をした際
雉子(きじ)橋付近から発生した石垣の一部です、
 徳川幕府は慶長十年(西暦一六〇五年)
第二期江戸城建設にあたり、江戸城およ
びお濠の石垣採取輸送を中国、四国、九
州の三十一大名に命じました。石の大部
分は伊豆半島の東海岸から切り出され江
戸まで運ばれましたが、石の切り出し、
海岸までの輸送、陸揚げ等の一連の作業は
困難をきわめ、たいへんなお金と労力と
犠牲がはらわれています。
 また石には、各大名、組頭、石工等の
ものと思われる紋や目印等が刻まれてい
るものがあります。
 中央区土木部公園課

越前掘公園のジャブジャブ池の越前船1 越前掘公園のジャブジャブ池の越前船1

この公園は徒渉池(トショウイケ )があって越前船のオブジェがなぜかゾウさんと一緒に作られています。徒渉とは「川などを歩いてわたること」ことで、この池は別名を「ジャブジャブ池」といっています。子供にとっても素晴らしい公園です。

越前掘公園のジャブジャブ池の越前船2 越前掘公園のジャブジャブ池の越前船2

越前掘公園のジャブジャブ池の越前船3 越前掘公園のジャブジャブ池の越前船3

越前掘公園の風景1 越前掘公園の風景1

越前掘公園の風景2 越前掘公園の風景2

出土した石垣石 出土した石垣石

出土した石垣石の説明 出土した石垣石の説明

スポンサードリンク

 サイトメニュー

 亀島川と5つの橋

 近辺施設・風景

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 東京・亀島 リバーサイド ガイド. All Rights Reserved.