スポンサードリンク

鉄砲洲稲荷神社

鉄砲洲稲荷神社(てっぽうずいなりじんじゃ)は「桜通り」でもある南高橋徳船稲荷神社を後ろに見て渡り最初の交差点を左に折れた「鉄砲洲通り」の右手にあります。
住所は中央区湊1-6-7。

鉄砲洲稲荷神社の正面 鉄砲洲稲荷神社の正面

鉄砲洲と言う名前は、この辺りの地形が、出洲の地形で、鉄砲(大筒)の形をしていたので「鉄砲洲」と言うそうです。
また、昔は鉄砲洲川と言う堀があったそうですが、関東大震災前後頃に埋め立てられ今はありません。

鉄砲洲稲荷神社の右手 鉄砲洲稲荷神社の右手

鉄砲洲稲荷神社の説明版 鉄砲洲稲荷神社の説明版

鐵砲洲稲荷神社
鐵砲洲稲荷神社は、江戸湊の入口に鎮座する神
社として、地域の信仰を集めてきました。
神社は、寛永元年(一六二四)頃、稲荷橋南東
詰に遷りましたが、明治元年(一八六八)現在地に
移転し、今日に至っています。 関東大震災により被害をうけた境内は昭和十年
(一九三五)より復興、整備され、正面中央奥に
社殿、左手に神楽殿と摂社八幡宮、右手に社務所
と手水舎が向い合うように配置され、境内西南隅
には富士山の溶岩で築いた富士塚があり、そこを富士
信仰の場としていました。むかしの富士塚は「江
戸名所図絵」にも描かれた有名なものでした。
境内は昭和初期の神社建築とその配置の有様を
よく伝えており、また、富士塚も区内唯一の富士
信仰の名残りをとどめている点から、共に中央区
民文化財に登録されています。
平成五年三月
中央区教育委員会

鉄砲洲稲荷神社の手水舎前景 鉄砲洲稲荷神社の手水舎前景

手水舎訓話 手水舎訓話

反省
威張るときには
神に捨てられ
欲張るときには
金に欺かれ
拒むときには
友を持ち得ず
怒るとには
己を失うのだ
-正光-

鉄砲洲稲荷神社の社殿 鉄砲洲稲荷神社の社殿

鉄砲洲稲荷神社の百度石 鉄砲洲稲荷神社の百度石

鉄砲洲浅間神社の桶 鉄砲洲浅間神社の桶

鉄砲洲浅間神社の力石 鉄砲洲浅間神社の力石

スポンサードリンク

 サイトメニュー

 亀島川と5つの橋

 近辺施設・風景

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2016 東京・亀島 リバーサイド ガイド. All Rights Reserved.